わたしたちの想い。
繋いでいく責任。

飲食業にも三方よし

「三方よし」は、江戸時代に生まれた近江商人の家訓・理念が集約してまとめられ、一言に表されるようになった言葉。売り手よし、買い手よし、世間よし。これは2015年に国連が「SDGs」を提唱するよりも250年も早くに、近江商人はその経営理念と開発目標に持続可能性を考えてきたことを伝えています。先達のそうした考えを継承し、滋賀で創業したわたしたちは小規模の飲食業だからこそできる、地域のためになる食の事業であることを目指してゆきたいと思います。

文化を伝える

日本は、縄文からはじまった米食を中心に、信仰や行事、季節の移ろい、海外からの影響を受けながら世界的にみてもオリジナリティあふれる食文化をはぐくんできました。世界規模で食材の流通ができるようになった今なお、海外からの文化をうけいれつつ日本独自の食を醸成していると思います。ここで、改めて湖国・近江の食文化を見つめ直しながら、私たちの地域ならではの食文化を次世代へつないでゆけるように取り組んでゆきたいと思います。

会社概要

社名
株式会社木馬(かぶしきがいしゃもくば)
創業
昭和35年
資本金
1,000万円
役員
代表取締役  川西 豪志
代表取締役  川西 昇
取締役    川西 真知子
事業内容
飲食業、そうざい製造業、食品の冷蔵および冷凍業
店舗情報
ひさご寿し
所在地 滋賀県近江八幡市桜宮町213-3
TEL 0748-33-1234
FAX 0748-33-1235
従業員数
25人

リクルート

現在は募集しておりません